UMEDA KNIT

製造部門ではいかにロスを少なく効率よく安定した高品質の製品を作り出すかが重要課題です。ウメダニットでは積極的に合理化された近代化設備の導入を行い、商品を大切にしながら全行程ラインがスムーズに流れるよう工夫をこらしています。効率を考えながらも高品質で美しく、付加価値の高い製品を正確に納め続けるために、努力を重ねています。

ニット素材開発 • 編立

編立部門では、コンピューター制御の横編機、丸編機や特殊成形編機などを使用し、編機の性能向上により複雑な編みや柄の表現が可能です。豊富な設備で、ニーズにお応え致します。高性能の編立て機と共に、人の目による細かな検品、メンテナンスは、正確でロスの少ない生産と高品質な製品づくりを維持するために意識高く行われています。

編み機を動かすためのデータづくりを社内コンピュータでインプットします。各ブランドのデザイナー、企画の方々と打ち合わされた企画はここでデータ化され、よりイメージに近いものを具現化させていきます。

パターン • 裁断

自社パターンナーの専門的な知識によってスムーズな生産のやりとりが可能です。
また、CAD・CAMシステムの導入により、パターンはマスターからグレーディングまで立体化を実現させています。

裁断ではノーテンション自動延反機、エアーテーブル、低条件接着機を用い、高品質な物作りを目指しています。

縫製 • リンキング

縫製部門では作業効率を考えた機材の配置と職人のチームワークによって無駄を極力省き、様々な企画や少量生産にも対応しております。特筆して、ニット素材と多種素材の組み合わせによる縫製をウメダニットは得意としています。

縫製部門にとって大切なミシンは、作業のラインを組む前に、緻密にその縫製作業にとってベストな専門的なカスタマイズやメンテナンスを施されます。また、独自に開発された縫製ミシンや特殊ミシンも多数あり、技術者が開発したオリジナルの特殊ステッチもあります。このようにニット開発以外にもウメダニットは生産工程それぞれに力を注いでおります。

製品仕上げ

仕上げプレスでは人体プレスを使いながら手作業で仕上げるなどハード面とソフト面をうまく組み合わせコントロールし、常にベストの状態でラインが流れるよう最新の注意を注いでいます。ウメダニットでつくられる製品のクオリティを維持向上する為に、それぞれの分野に長年在職する職人達は、その技術や知識を若い職人達へと伝えながら、楽しく美しいものづくりをできるように日々努めています。